フロアコーティングでキラキラ輝く床【比較をするならWEBへゴー】

床

排水管つまり対策について

何故排水管は詰まるのか

作業員

トイレなどの排水管は、真っすぐではなく、途中U字の形をした部分があります。これは、汚水を流した後、U字の部分に水がたまるようにしているからであります。何故このような構造をしているかと言いますと、汚水升などから衛生昆虫などが侵入してくるのを防ぎやすくしているからです。このため、このU字部分に夾雑物が詰まったりして、排水つまりを起こしやすくしているのです。排水つまりを起こしてしまうと、汚水が流れにくくなり、時に便器から汚水がオーバーフローしてしまうこともあります。そのため、排水つまりが発生した場合には、すみやかに業者に修理してもらいましょう。

排水管つまりの修復方法

排水つまりの原因としては、トイレットペーパーなどの夾雑物や油などが挙げられます。必要以上にトイレットペーパーを使ったり、廃油などを流してしまうと、排水管が上述のような構造をしているので、極めて排水つまりを起こしやすくなります。従って、このような物は、できるだけ最小限に止め、排水管を詰まらせないようにすることが肝心となります。ただ、素人がつまりを取ろう思っても、行使できる対処法には限度があります。つまりが深刻化していると、当然対処も困難になってしまいます。そんな時には、プロに依頼してつまりを除去してもらうことが先決です。というも、つまりが長期化して排水管の破損に繋がってしまうと、水漏れなどのトラブルに発展します。水漏れが発生すると水道料金が驚くほど跳ね上がってしまうので、素早い対処が求められてしまうのです。跡になってあわてるより、早めに業者を呼び修理してもらうほうが、賢い対処法といえるでしょう。